So-net無料ブログ作成

押尾学の醜聞尽きぬ矢田亜希子の哀 [まとめ]

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/08/21(金) 07:50:31.86 ID:???*.net
この男は反省しているのか――。元俳優の押尾学(37)が、21日発売の写真誌「フライデー」に“路チュー”をスッパ抜かれた。
2009年に起こしたMDMA服用によるホステス死亡事件で収監されていたものの、今年9月の刑期満了を前に、昨年12月に仮釈放されたばかり。

同誌は、押尾が派手な服を着た一般女性とのデートを楽しむ様子を掲載。
2人がカフェで白ワインを飲む様子に加え、白昼堂々、路上で抱き合いながら熱いキスを交わす姿がバッチリ撮られている。

この写真に苦々しい思いをしているのが、元妻で女優の矢田亜希子(36)だろう。
6年前に押尾が逮捕された直後に離婚したものの、イメージダウンは避けられず一時的に第一線から消えた。

その後、2010年に芸能活動を再開。
14年には深夜ドラマ「慰謝料弁護士」(日本テレビ系)、今年は昼ドラ「花嫁のれん」(フジテレビ系)に出演と、盛り返しつつあるが、かつての勢いはない。

旧作の再放送も押尾が重しになっている。女優の松嶋菜々子(41)と出演した矢田の代表作「やまとなでしこ」(フジテレビ系)は、
最高視聴率34.2%を記録した大ヒットドラマだ。にもかかわらず、押尾が含まれているためにお蔵入りになっている。
テレビ業界では“今後も再放送は難しい”といわれている。

ブログの評判も芳しくない。13年にスタートしたが、翌年には一部メディアから“ステマ(ステルスマーケティング)の温床”と揶揄されてしまった。
7歳の息子を育てるシングルマザーの矢田は必死なのかもしれない。

そんな苦労を知ってか知らずか、元夫は白昼堂々と“路チュー”し、フライデーの直撃に
「何をやっているかは言えないけど、芸能界のころより全然儲かってるよ」と、うそぶいている。矢田の心中は察するに余りある……。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/162937
2015年8月21日


結婚は間違いだった…(C)日刊ゲンダイ

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

巨人ナインの妻たち、相次ぐ休日返上練習に反乱寸前 [まとめ]

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 09:17:05.30 ID:???*.net
巨人ナインのストレスが限界に達している。当初は休養日だった10日、原監督ら首脳陣は予定を変更し、急きょ全体練習を行った。
7月以降、巨人の休日返上は実に4度目となり、貧打解消につながるどころか、心身の疲労はたまる一方。
首脳陣の求心力は急低下している。中でもナインの妻たちがここにきて“反乱寸前”の雰囲気だという。

ナインが「またかよ…」と絶句したのは、本拠地で10年ぶりの屈辱となる広島戦3タテを食らった試合直後だった。
原監督の怒りの大号令で休養日は突如召し上げられ、中継ぎ陣を除く全員が10日も朝早くからジャイアンツ球場に集った。

雨天だったこともあり、室内での練習は短時間で終わったが、選手たちは軒並み不機嫌モード全開。
「休日を返上すれば勝てるんですか?」と捨てゼリフを吐いて球場を後にした主力もいた。

選手が不満を募らせる気持ちも理解できなくはない。チーム成績が振るわない今季、一軍は例年にない過酷日程を強いられている。
名古屋への移動休養日を変更して全体練習を行った7月3日以降、休日返上は約1か月で実に4度目。
一方で“代休”は1日もない。球宴休みの2日間を除き、休日と呼べたのは、3日だけで、それも福島への移動日だった。

「打てないんだから、練習するしかない」という首脳陣の方針に、当初は素直に従っていた選手たちも我慢は限界。
とはいえ、「何億円ももらいながら、働いていないんだから仕方ない」という声は根強い。
ただ、裏方さんたちは完全なとばっちりだ。
ナインの間からは「肩を休ませる暇もない打撃投手の皆さんは本当に大変。申し訳ない」と同情する声が相次いだ。

そして、休日返上を乱発する首脳陣に、今最も不満を爆発させているのがナインの妻たちだという。ある妻帯者の主力は困りきった顔でこう明かした。
「実は今日も家族で出かける予定を入れていたんですが『ごめん、練習になった』って言ったらカミさんが『はぁ?』ってブチ切れて…。
子供がいる選手は『プールや遊園地に連れて行こうにも、予定が立てられない』って嘆いています」

別の選手によれば「選手の奥さん同士でも『どうして、今年はこんなに休みがないの?』って話題になっている」という。
「でも、僕らは『勝てないから仕方ないんだ』としか言えませんからね…」。“職場”と家庭の板ばさみになって苦しむ選手が続出しているのだ。

原監督は「勝った、負けたで一喜一憂する必要はない」と語ったが、チーム内から一斉に「それならなぜ、負けたからといって休日がなくなるんですか!?」とツッコミが入るのも当然。
アメを取り上げ、ムチが入るばかりの巨人は息切れ寸前だ。
唐揚げ好きな独身男女が集まる「唐コン」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00000004-tospoweb-base
東スポWeb 8月12日(水)5時59分配信


怒りの休日返上練習を見守る原監督(右)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鶴瓶が安保法制と安倍政権にNO! [まとめ]

1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/08/09(日) 07:11:57.04 ID:???*.net
「俺、なんでこんなこと、テレビで喋ってるんか。いまもわからへん!」
「(こんな話)放送で言おうとは思ったことないです。一回もそんなこと言ったこともないし、そういう仕事じゃないから。
そういうプロはそういうのに任しといたらええって言うけど、もう、そういう人に任せてたらあかんと」

昨日、放送されたテレビ番組で、あの笑福亭鶴瓶がこのように吠えた。
鶴瓶が意を決してテレビで口にした話──それは、安保法制へはっきりとNOを叩きつける内容だった。

鶴瓶が出演したのは、東海テレビが制作・放送した『戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅』でのこと。
この番組は、関西テレビが2009年に制作したドキュメンタリー『父の国 母の国─ある残留孤児の66年─』をテーマにして、女優の樹木希林と鶴瓶が対談するというチャレンジングな内容だったが、
残念ながらキー局であるフジテレビでは放送されることがなかった。だが、この番組で繰り広げられたトークは、普段、目にしたことがない鶴瓶の一面がよく表れていた。

まず鶴瓶は、残留孤児だった人びとが日本で苦労を強いられている現状に胸を痛め、
「戦争って、普通のことが普通じゃないんだっていうね。普通がいいんですよ。普通が」と戦争がもたらす不幸に言及。
樹木が「(戦争は)人間の世界で止めることができるはずなのに、そりゃ止めなきゃいけないですよね」と返すと、
「当たり前ですやん。そんなこと……なんのための戦争なんですか? なんのための……意味わからんな、
ほんまに」と怒りを滲ませた。そして、安保法制の問題に自ら切り込んだのだ。

「国の言うことを、この歳になって信用したらあかんと思う、60過ぎてね、全部が国の言うことこれ、大丈夫かいなって思うようになるって……」
「いま、法律を変えようとしているあの法律もそうでしょうけど、それも含めて、いまの政府がああいう方向に行ってしまうっていうね、
これ、止めないと絶対いけないでしょうね」
「これ、へんな方向に行ってますよ。そら変えなあかん法律はいっぱいあってもね、
戦争放棄っていうのはもうこれ謳い文句で、絶対そうなんですが9条はいろたら(いじったら)あかんと思うんですよね」

強い語気と、いつにない真剣な表情で語る鶴瓶。じつは鶴瓶は、昨年も「しんぶん赤旗 日曜版」のインタビューで「僕らの世代が戦争に行くことはないでしょうけど、
僕の孫の世代が戦争へ行かされるなんて道理に合わない。
日本は絶対憲法9条をなくしちゃいかんと思います」と話している。しかし、全国ネットの番組ではないとはいえ、テレビでこのように政治を語る鶴瓶の姿は目にしたことがない。
実際、鶴瓶本人も、「ほんまに、こういうところで、こんなこと言ったことないけど。アホなことばっかり言う商売ですから」と、
テレビで政治的な発言をすることがはじめてなのだと番組中に何度も言葉にしていた。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150809-00010001-litera
2015/8/9 07:00 - リテラ

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。